ED彼氏の治療体験|レビトラで勃起MAX

ED彼氏の治療体験|レビトラで勃起MAX

ED治療奮闘記

ED治療奮闘記

今回は、僕のED治療の奮闘記を記していきたいと思います。
まずはじめに、私がEDになったと感じ始めたのは20代後半になってからでした。
とある日その時の彼女と性行為をしているときに、だんだん自分のアソコに元気がなくなっていくのを感じました。
気付いたときには、フニャフニャになっていてい使いものにならなくなっていました。
彼女が頑張って勃起させようとしてくれましたが、その日は全くダメでした。
少し落ち込む彼女を見て、僕は今日は体調が悪いだけだから気にしないでといいましたが、彼女は結構ショックだったと思います。
それ以降も彼女とセックスをするときに勃起したりしなかったりの繰り返しで、僕自身が多分この子のことが好きじゃないと
思い別れてしまいました。
今となっては後悔していますが…
その別れから、何人かの女性とお付き合いしてきましたが、ここ最近では全く反応しなくなってしまいました。
さすがに、焦りも感じましたし、もしかして僕は子供が作れないんじゃないかと思いました。
病院は昔から嫌いで、勃起しないんですけどなんて恥ずかしくて相談できないと思い、自分でなんとかしようとし、昔からバイアグラの存在は知っていたので、そこから調べて広げていけば改善策は見つかると思い、調べていくとジェネリック医薬品と出会いました。
その薬の名前は、レビトラというもので、バイアグラの次に開発された商品で、効果としては短時間でガツンと効くということだったので、これしかないと思い購入しました。
僕は、一度射精すると、その日はもうしたくない人なので、このくすりの効果はバッチリ合っていました。
レビトラを今でも知らなかったら、どうなっていたのか考えると少し悲しくなりました。
お薬の費用もジェネリック医薬品なので、大変手頃な価格で購入できますし、安全性も問題ないので、性行為前に安心して服用しています。
結構使っていますが、今でも大変満足のいく効果が得られているので、気に入って愛用しています。