進化しているED治療薬

ED治療薬の中で、レビトラという治療薬があります。
ドイツのバイエル薬品という製薬会社が製薬製造しています。日本では有名なバイアグラの次に誕生した治療薬です。
バイアグラが日本で発売された次の次の年の2001年に、承認申請し、2004年に製造販売が許可されました。
効果や効能ですが、勃起を持続させるのに必要なサイクリックグアノシンーリン酸を破壊する、ホスホジエステラーゼの5型を抑制する働きがあります。そのため勃起を補助してくれる役目があります。
なので、服用したからと言って勃起しますというお薬ではないことを覚えときましょう。
性的刺激をうけ、勃起した後、それを補助してくれるお薬です。
まず最初に、性的刺激を受けなければ勃起しませんのでご注意を。
そもそもEDとはなんなのでしょう。英語でErectile Dysfunction。こちらを略してEDと言います。
日本語では勃起不全と言います。完全に勃起できないというより、勃起に少々時間がかかったり、せっかく勃起しても途中で萎えたりして困ってるっていう方もEDの疑いがあります。
専門的には性行為時に十分な勃起、その維持ができない、そして満足な性行為ができない状態とされてます。
年齢に関係がなく、若い人でもEDにはなります。
もちろん、年をとればとるほどなる割合は高いですが、ストレスや、不規則な生活、飲酒、喫煙、などの現代ならではの原因でなることが多いです。もちろん生活習慣病の糖尿病、高血圧、高脂血症の方はEDになりやすいので気を付けましょう。
ED治療薬と言えば日本ではバイアグラがメジャー的で有名ですがレビトラも現在では認知度も高くなってきてます。
バイアグラは、食事、飲酒の影響が受けやすいとされてますが、その点が改善されてるので使用しやすいですね。
ただやはり、空腹時などに服用するよう勧められてます。
そしてジェネリック治療薬のバリフというお薬もあります。
こちらはジェネリックですので有効成分、効能、効果全く一緒ですが、後発治療薬ですので1錠あたりの値段がお求め安くなってます。元々は保険適用外ですので1錠2000くらいとなります。
バリフですが性質が同等ながら値段が10分の1くらいで手に入ります。
ただ、海外のジェネリック薬品なので日本では未発売となってます。
ただ、最近では個人輸入代行などあるので、ネットで通信販売できるようです。
現在EDに悩んでる方は多いです。解決策として治療薬も考えてみましょう。